Japanese / English

志鷹美紗 (Shitaka Misa) ピアノ 

3歳からピアノを始め、14歳の時にホロヴィッツ記念国際ヤングピアニストコンクール(ウクライナ)のセミファイナリストとなる。2001年桐朋学園大学に入学。2005年同大学を首席で卒業し、NTTドコモ賞を受賞。皇居内桃華楽堂にて、ラヴェルの「鏡」から「悲しき鳥たち」と「道化師の朝の歌」を御前演奏する。
2007年同大学研究科を修了。ロームミュージックファンデーションから全面奨学金を得て、ドイツのベルリン芸術大学に留学。4年間研鑽を積み、2011年ディプロムを得て卒業

これまでにピアノを小川泉、故中島和彦、ウィリアム・ランソム、岡本美智子、野島稔、ジャック・ルヴィエ、チェンバロとフォルテピアノを渡邊順生、室内楽を小森谷泉、ソルフェージュを半田文代の各氏に師事。


第4回安川加壽子記念コンクール第2位。第10回「21世紀にはばたくピアニストたちのサマーキャンプ in KAMISAIBARA」にて最優秀賞、併せてエモリー大学リサイタル賞。
第7回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA シニアコンチェルト部門全国大会金賞。
多摩フレッシュ音楽コンサート2007第2位。第7回プーランク国際ピアノコンクール(フランス)にてディプロマ賞等のコンクールでの受賞歴を持っている。

オーケストラとは、広島プロミシングコンサート2005にて吉田行地指揮 広島交響楽団と、2006年ショパン国際ピアノコンクールin ASIA受賞者記念コンサートでローランド・バーター指揮 クラクフ室内管弦楽団とショパンのピアノ協奏曲第1番で共演。2007年、有田正広指揮 桐朋学園大学オーケストラとモーツァルトのピアノ協奏曲第20番を東京芸術劇場大ホールにて共演し、成功をおさめている。

2003年第4回安川加壽子記念コンクールでは、「志鷹美紗は、流麗な美しい音を持った大変音楽的な人」と音楽雑誌『ムジカノーヴァ』に掲載。

2008年、東京での初リサイタルは、音楽雑誌『ショパン』の演奏会評で「今後の活躍大いに期待」という見出しで絶賛された。

2009年日本ショパン協会主催によるオールショパンプログラムのリサイタルでは 「深い呼吸から紡ぎ出されるスケールの大きさと、ディテールの美しさを兼ね備えたピアニスト」 と高い評価を得た。

2011年3月に行われた「ジャック・ルヴィエピアノリサイタル」では、恩師と2台ピアノで共演し、大きな話題を呼んだ。またこのコンサートは急遽、東日本大震災の復興支援チャリティーコンサートとなった。

米国アトランタでのデビューリサイタルを始め、最近の主なコンサートは、フランスマコン市「夏の音楽祭ラストナイトコンサート」、広島市「志鷹美紗ピアノリサイタル」、呉市「ニューイヤーリサイタル」、ドイツベルリン市セント・ジョージ教会でのデビューリサイタル、あき音楽祭特別コンサートシリーズⅡ、芸術祭「ひろしまの春」、ヤマハ ベーゼンドルファー プレミアムコンサート、カワイ梅田コンサートサロン''ジュエ''でのオープニングコンサートシリーズ、ヤマハ銀座店でのサロンコンサートなど、リサイタルを中心に国内外で活躍している。

また出身地である広島では、桐朋学園時代の同級生、マリンバの松田亜希子、ピアノの宝井絵理と共に、「マリンバ&ピアノコンサート」をVol.3まで展開し、Vol.4の開催が待たれている。

2011年度財団法人地域創造公共ホール音楽活性化事業フォーラムアーティストとして選ばれ、バイオリンの川村伸子、チェロの高橋麻理子と共に、ピアノトリオ「プリマ・ヴェーラ」を結成。滋賀県内の10校の小学校で演奏授業を行い、八日市文化芸術会館、ガリバーホール、しが県民芸術創造館にてホールコンサートに出演した。滋賀報知新聞には「プロの演奏に児童が感激!」と掲載され、京都新聞、読売新聞などにも大きく取り上げられた。また地元ケーブルテレビでも放送され反響を呼んだ。

2012年5月、東京文化会館小ホールに於いて、文化庁日本演奏連盟主催による新進演奏家育成プロジェクトリサイタルシリーズTOKYO12「志鷹美紗ピアノ・リサイタル」に出演し、「音楽現代」の演奏会批評では「華やかな展開の中に歌心が伝わるピアニスト」と高い評価を得た。

2014年1月、デビューアルバム「志鷹美紗ピアノ・リサイタル〜ダンテを読んで〜」をリリース。
CD発売記念コンサートとして、広島ザビエルホール、横浜フィリアホールでのリサイタルに出演し、『月刊ショパン』で「軽やかにしなやかに鍵盤を支配する実力派」と評価された。
6月にCD 「Trio Primavera 〜chapel concert〜」を、9月には「Romantic CHOPIN」をリリース。

2015年11月、すみだトリフォニーホール・小ホールでのリサイタルに出演し、『月刊ショパン』にて「シューベルト《ソナタ第13番》シューベルト=リスト《水面に歌う》は原曲の持つ美しい歌心を捉えた秀演!リスト《ドン・ジョバンニの回想》ではテクニックの高さと共に音楽性を探求した志鷹の演奏は圧巻。ベートーヴェン《熱情》は強い精神力・音楽性を感じる演奏」といずれも高評を得た。

2016年5月、CD「Romantic Collection〜La Campanella〜」「Beethoven APPASSIONATA」を同時にリリース。

日本ショパン協会正会員。呉市音楽家協会会員。日本ピアノ教育連盟会員。全日本ピアノ指導者協会正会員。
2015年4月よりエリザベト音楽大学専任講師。